GLHの新作がいよいよ全国発売しました!
背伸びせずに丹精込めて作りました。
沢山の人に聴いてもらえたら嬉しいです。

グッドラックヘイワ



グッドラックヘイワ / Lm

  1. 1. 風見鶏
  2. 2. てくてく様 (Lm ver.)
  3. 3. ピンポンパール (Lm ver.)
  4. 4. neguse
  5. 5. シティ (Lm ver.)
  6. 6. 長生き
  7. 7. atmosphere
『ギャラクティック』オンラインショップ

『ギャラクティック』オンラインショップで購入すると、限定特典のライブ映像ダウンロードコードが封入されています。数量限定なのでお早めに!
価格:2,160(税込)

CD / Lmを含んだご注文は商品のお届けが12/20前後になります。
ご迷惑をおかけいたします。
※ギャラクティックオンラインショップは送料無料。

CD Shop

Amazonタワレコ

タワーレコードはこちらの店舗で取り扱い販売してます。
札幌ピヴォ・仙台パルコ・新宿・渋谷・名古屋近鉄パッセ・名古屋パルコ・梅田NU茶屋・難波・福岡パルコ

Subscription

AppleMusicSpotify



グッドラックヘイワ  新作アルバム「Lm」

「グッドラックヘイワの 1,0000 ルーメン☆ツアー」にて先行販売された新作アルバム「Lm」がついに一般発売開始!収録曲には映画「森山中教習所」劇中テーマ曲「シティ」のフルサイズバージョンやシングルリリースされた「ピンポンパール」、廃盤音源となっていた「てくてく様」 も収録。この 2 曲はゲストプレーヤーにキセルを迎えて再録音されたバージョン、リリースが待ち望まれていた人気曲「風見鶏」「長生き」等も収録。本作は 2000 年初頭に登場した MTR(Multi Track Recorder) の名器「AKAI DPS 16」を使って録音からミックスまでメンバーが手掛けた DIY 作品。グッドラックヘイワのエバーグリーン・サウンドを目指し、原点である 1st CD「GOOD LUCK HEIWA」(2006) と同じ録音方法を用いてマイクや録音環境を試行錯誤し制作された楽曲が収録されている。




グッドラックヘイワ/ GOOD LUCK HEIWA

2004 年、高校時代の同級生である野村卓史 (key) と伊藤大地 (dr, 口笛 ) によって結成されたインストゥルメンタル・デュオ。ニューオリンズ、R&B、ミニマル、エキゾチック、フュージョン、ストライド・ピアノ、ブレイクビーツの要素をゲーム音楽とポップスの手法でパッチワークした唯一無二のサウンドを展開する。デュオというコンパクトな編成ながら、爆発的なグルーブで疾走するライブパフォーマンスは高く評価され日本国内のフェスティバルにも多く出演する。

現在までに 「GOODLUCKHEIWA」(2006)「Patchwork」(2008)「Thunder」(2009) の3タイトルの他シングルや限定盤をリリースしている。2009年活動を休止、2013年末に活動を再開する。

2016年9月活動再開後初のワンマンツアー16公演を開催し各地完売御礼の大盛況となる。

2017年3月東南アジア最大と言われるジャスフェス「JAKARTA INTERNATIONAL JAVA JAZZ FESTIVAL」に出演する。


ふたりの音楽活動は多義にわたるなか音楽キャリアのスタートでもありオリジナルメンバーだったインストバンドSAKEROCK が2015年6月に解散。ラストライブは両国国技館に約10000人を動員し開催された。現在野村卓史は映画音楽やCM音楽の制作を行っている。 代表作として映画監督、矢口史靖(第28回日本アカデミー賞5部門受賞)の2作品「WOOD JOB! ~神去なあなあ日常~」(2014) 、「サバイバルファミリー」(2017)の音楽を担当。

伊藤大地は細野晴臣を筆頭に奥田民生、岸田繁、星野源等日本の第一線で活躍する多くのアーティストのレコーディングやライブサポート活動を数多く行っている。

 

In 2004, this instrumental duo was formed by high school classmates, Takuji Nomura (Keyboard) and Daichi Ito (Drums and Whistle). Their unique sound is made of elements of New Orleans, R&B, Minimal, Exotic, Fusion, Stride piano, and Breakbeats, mixed with Game music and Pops. Even if there are only 2 members of the band, their liver performance is highly valued as explosive groove, so that they have been played in lots of Japanese festivals such as, Fuji Rock, Rising Sun and Countdown Japan.

So far they have released “GOODLUCKHEIWA (2006)”, “Patchwork (2008)” and “Thunder (2009)” and other limited version of singles. They took hiatus in 2009 and started the band again in the end of 2013. Did sold out 16 gigs in September 2016 which was first tour after their break. In March, 2017, I appear in Southeast Asia's biggest JAZZ FESTIVAL "JAKARTA INTERNATIONAL JAVA JAZZ FESTIVAL".

Both have been doing various music activities. One of them was an instrumental band “SAKEROCK” which was their starting point of career in music scene. The band broke up in June 2015 and their last gig was held at famous Sumo wrestling venue in Tokyo, Ryogoku Kokugikan, played before lucky 10,000 fans who could get hold of the tickets.

Takuji Nomura also produces film and commercial music. He did film score for “Wood Job! (2014)” and “Survival Family (2017)” which were directed by Shinobu Yaguchi (Received 5 awards in 28 th Japanese Academy Award). Daichi Ito is recording or supporting live with Japanese famous artists, such as Haruomi Hosono (Yellow Magic Orchestra), Tamio Okuda, Shigeru Kishida, Gen Hoshino and so on

Gロゴシーチングバッグ

価格:¥840(税込)

Gロゴ トートバック(ポケット付)

価格:¥2,700(税込)

スーパー合体ボックス

価格:¥2,160(税込)

携帯クリーナー

価格:¥300(税込)

GOOD LUCK HEIWA

価格:¥1,000(税込)


総額¥1,620(税込)以上のお買い物で送料無料になります。
送料・商品の詳細はこちらをご覧ください。
http://galactic.shop-pro.jp/